ビジネス

お金を貯めるには?実体験を下に再現性の高い4つの方法を紹介します!

お金で買えない物もある
大切なのはお金じゃない

など、色々なセリフはよく聞くと思います。
もちろん、お金で買えない物もあるし個人の考え方によりますが、お金は有って困らないですし
有るに越したことは無い。と考える方は多いのではないでしょうか?

あなたはどうですか?
ちなみに、私はお金の優先度はかなり高いです。
お金が有れば世の中の悩みの8割ほどは解決するのではないかとも思っています。仮に銀行口座に10億円振り込まれたら仕事を辞める人が殆どではないでしょうか?嫌な人間関係に悩まされることも無いですし、やりたくもない仕事をやる必要もなくなります。

今回は人生において切っても切り離せないお金のについて。具体的に「貯金」に関して書いていきます。

 

お金を貯める具体的なつ4の方法

ステップ1.お金の収支を明確にする

私の周りでも多いのですが、「毎月知らないうちにお金が減っていく。」「何年経ってもお金が貯まらない」と話している友人がいます。

その原因としてはお金の収支を明確に把握していないからです。
当たり前ですが収入よりも支出が少なければお金は必ず貯まります(収入>支出)。にも関わらずお金が貯まらないのは収入よりも多くの金額を支出しているからです。

明確に税金・保険料、家賃などを引いた後、手取りは20万円。と把握していれば月に10万円使えば残りの10万円は貯金できます。

お金を貯める第1のステップとして、まずは毎月のお金の収支を明確にしてください。

 

ステップ2. 貯金の目標金額を設定する

自分の収支を明確にしたことで、具体的に毎月何万円を貯金可能か設定することが出来ると思います。

始めに貯金金額を設定しがちですが、毎月手取り18万円の人は住んでいる地域や職種にもよりますが毎月10万は少し厳しいですし現実味がありません。

自分の収入や支出をしっかりと把握したうえで、現実的な貯金金額を設定して下さい。あまりにも無理な貯金金額を設定しては理想と現実のギャップでメンタル的にもよくありません。

自身では「お金を使ってしまって貯金できない。」とお悩みの方は、毎月給料から天引きをして別の口座で貯金してくれる「積み立て(定期)貯蓄」という方法もあるので利用している銀行に1度問い合わせてみて下さい。

お金を貯める第2のステップとして、貯金する目標金額を設定して下さい。

 

ステップ3. 収入を増やす

第2のステップで、貯金の目標金額を設定したと思いますがどうでしょうか?
その金額で満足でしょうか?満足していない方が大半ではないでしょうか。

たとえ満足したとしても日々の使える金額が減るので、今まで通りの暮らしは出来なくなると思います。それを改善するには年収を増やすしかありません!

簡単ではありませんが、お金を手っ取り早く貯金するには年収を上げて生活水準を変えないことが鉄則です。年収を上げたとしてもいい家に引っ越ししたり、外食を増やしたり夜のお店でお金を使うようになっては貯金は増えないので注意して下さい。

ですが、「簡単に年収は増えないと思う。」「今の会社では年収upは見込めない。」なんて思っている方は転職を検討しては如何でしょうか?

お金を貯める第3のステップとして、所得を増やして下さい。

 

ステップ4.  支出を下げる

第3のステップで、先に「支出を下げる」と思いついた人も多いのではないでしょうか?

ですが、支出を下げるよりも収入を上げた方が貯金に直結します。
転職などで収入を上げると、1年で少なくとも数十万円アップ。多いと数百万円単位でアップします。ところが、支出を下げたところで1年で数百万円も支出を下げることは出来ますか?それは極めて難しいと思います。

貯金をするのに1に節約、2に節約。と節約しがちですが、節約は小さなお金しか生み出しません。
もちろん無駄な出費を削減することは有効ですが、節約し過ぎると日々の生活が質素になり過ぎて本末転倒になる可能性もあります。

また、一般的に支出を下げる方法2種類あります。
それは固定費と変動費を下げることです。まず見直すべきところは所は固定費からです。

メモ

固定費は会社でいうと、毎月売り上げなどに対して比例して増減しない費用。
つまり毎月で発生する費用のことです。個人でいうと家賃や保険料。携帯の使用量などが値します。

対して変動費は、その名の通り毎月変動する費用です。
飲み代や買い物代、生活費などが値します。

 

固定費を優先的に見直す要因としては、変動費は毎月変動するもので削減しにくい費用です。それに比べて固定費は毎月固定しているので、その内容を見直しやすいです。
例えば保険料であれば、プランや保険会社の見直し。携帯代であれば、会社の見直しをすることで固定費の削減を図ることが出来ます。

お金を貯める第4のステップとして、支出を削減して下さい。

 

まとめ

ステップ1~4で紹介した方法は誰でも考えれば分かる方法ですが、意外と細かく考える機会はなかったのではないでしょうか?

20代で貯蓄0の割合は35.6%、30代は33.7%と貯蓄をしていない人は全体の3~4割に及びますがあなたはどうでしょか?
貯蓄は必須ではありませんが、今後の先行きが心配の日本ではある程度の貯蓄and投資は必須だと考えます。

投資の前に数か月の生活費は貯蓄しておくべきなので、投資の前に貯蓄をすることから初めてみて下さい!
ある程度の金額が貯金できると、そのお金を運用。即ちお金に働いてもらい、お金を稼ぐことが出来ます。お金の使い方はもちろん、個人の自由ですが賢くお金を稼ぐにはお金を運用する事は必須です。

このブログでは「筋トレ」「食事」「ビジネス」などサラリーマンに役立つ情報を発信しているので今後とも宜しくお願い致します。

-ビジネス
-, , , , , ,

Copyright© サラリーマンSUZUKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.