筋トレ

なぜプロテインを飲むのか?プロテインを飲む理由

ジムで筋トレなどのトレーニングをしていない方やアスリートではない方は、プロテインと聞いて未だに悪いイメージを持っている方が多いと思います。
例えば・・・

プロテインって筋肉増強剤みたいな薬でしょ?

見せ筋を作るだけで、筋トレの筋肉は使えない!

プロテインは体に悪そうな粉

などです。
ですが、上記の3つは全て間違っています。

海外と比べてフィットネス業界が少し遅れている日本ではありますが、徐々に正しい知識が広まりプロテインに対する意識が変わりつつあります。
その為、どうしてプロテインを飲むのか?筋トレしていない人は飲んだらいけないのか?
など様々な疑問に答えていきたいと思います。

どうしてプロテインを飲むのか?

タンパク質、炭水化物、脂質はその栄養素の重要性から三大栄養素と呼ばれています。

その内のタンパク質ですが、タンパク質は筋肉の主な材料となります。
また、タンパク質は筋肉のみならず髪や爪、皮膚や内臓、血液までも材料となっているので筋トレを日常的に行っていない方にも必要な栄養素なのです。

即ち全ての人に必要なタンパク質ですが、より筋肉量を増やすためにはもちろん材料となるタンパク質を多く摂取しなければなりません。

具体的に言うと、個人差にもよりますが定期的にスポーツや筋トレを行っている人であれば
体重1kgあたり約2gのタンパク質を摂取することが推奨されています。
仮に体重が70kgの人であれば、1日にタンパク質を140g摂取しなければなりません。

出典:ホームページ「https://gourmet-note.jp/posts/6733」

朝ごはん:卵3個、食パン1枚、牛乳1杯 (タンパク質 合計33g)
昼ごはん:ステーキ2枚、ご飯2膳、納豆1パック 、牛乳1杯(タンパク質 合計57g)
晩御飯:さんま1尾、ご飯1膳、納豆1パック、牛乳1杯 (タンパク質 合計33g)

上記の食材からタンパク質を毎日140g摂取するには、上記の献立でタンパク質 合計約120gです。
1日だけならまだしも、この様な食事をほぼ毎日行わなければなりません。

このように毎日目標のタンパク質を食事だけで摂取することが困難なために、プロテインを摂取するのです。

他にもある、プロテインを飲む理由

吸収スピードが速い

一般的に肉や魚などの固形物は消化して体内に吸収するまでに4~6時間かかると言われています。
それに比べて、プロテインは1~2時間ほどで吸収すると言われています。

消化するのに時間がかかるという事はそれだけ、胃や腸などの器官にも負担を与えているという事です。多くのタンパク質を摂取するために、より多くの肉や魚を食べることで胃や腸に多くの負担を与えてしまいますが、消化吸収の速いプロテインを使うことでそれを防ぐことが出来ます。

また、筋トレ直後は体の中のエネルギーが枯渇しているのでタンパク質や糖質の補給が重要です。
ですが、トレーニング後にステーキやご飯を準備するのも難しいですし、ましてやそれらを食べることは身体的にとてもハードルが高いです。

そういった時にも、持ち運びが簡単で直ぐに摂取できるプロテインが役立ちます。

肉や魚などの食材より、プロテインを飲む方がコスパがいい

毎日体重1kgにつき2gのタンパク質を摂取するには、それなりにお金が必要となります。

こんな時にも、プロテインが役立ちます!

例えば
鶏むね肉100gあたり、98円などだと思います。鶏むね肉100gあたりタンパク質は約19gなので
よってタンパク質1gあたり5.2円です。

それに比べて安いプロテインだと100gあたり150円です。プロテイン100gあたりタンパク質が約82g。
よってタンパク質1gあたり1.8円です。

意外と知られていないことなんですが、食材からタンパク質を摂取するよりプロテインからタンパク質を摂取する方がかなり安いんです。

まとめ

プロテインを飲む理由
・効率よくタンパク質を摂取できる
・吸収スピードが速く、持ち運びが便利
・コスパがいい

今回は「プロテインをの飲む理由」を解説しましたが、過去にプロテインの種類やおすすめのプロテインについても紹介しているので、以下のリンクからチェックしてみて下さい。

-筋トレ
-, ,

Copyright© サラリーマンSUZUKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.