筋トレ 食事

アルコールが筋肉に与える影響とは?

平日は仕事終わりに会社の同僚や上司・部下と飲みに行ったり、休日は友人やパートナーと飲みに行ったり、男性や女性の中でお酒が好きな方は多いと思います。

ですが、適度な飲酒は効果的ですが飲み過ぎは帰って逆効果となってしまいます。そんな、お酒が体に与える影響は様々で例えば

お酒は筋肉に悪影響を与える

お酒はカロリーが意外と高いから太る

など色んな説があります。今回は「お酒が筋肉に与える影響」に絞って解説していきます。

 

お酒が筋肉に与えるメリット

早速、結論から言うとお酒が筋肉に与えるメリットはありません(笑)

しいて言うなら、筋肉には関係ありませんが疲れやストレスが緩和されるくれいでしょうか?
また、自分に対してのご褒美としてお酒を飲むことはモチベーションのアップには繋がりますが、直接的に筋肉に与えるメリットではありません。

因みに、もちろん個人差もありますが1日で摂取するアルコールの適切量は20gと言われています。

20gがどれくらいの量かと言うと、ビールで500ml、中ジョッキ1杯程度。日本酒で1合。ワインでグラス2杯。意外と少量で基準値に達するので理性が有るから大丈夫!なんて思わずに、量には注意しましょう。

参照:ホームページ「https://ufit.co.jp/media/alcohol-muscle-training/」

 

お酒が筋肉に与えるデメリット

筋肉が分解される危険性がある

お酒を飲むと「コルチゾール」というホルモンが体から分泌されます。
コルチゾールがどういう働きをするかと言うと、別名「ストレスホルモン」などと呼ばれ筋肉を分解してエネルギー源であるグリコーゲンを作り出そうとします。

基本的にグリコーゲンは糖から作られますが、コルチゾールが発生すると筋肉からも作り出そうとしてしまいます。
筋トレをして筋肉を大きくしたいにも関わらず、分解されて小さくなる可能性もあるので、これは避けたいデメリットではあります。

また、コルチゾールの分泌量が高いと
血糖値の上昇から高血糖。免疫力の低下。骨の形成を妨げ、骨粗鬆症の可能性。無気力・無関心などの様々な影響を与えるホルモンです。

 

テストステロンの分泌を妨げる

「テストステロン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

テストステロンとは1種のホルモンの名前で、20代をピークにその分泌量は年々減っていきます。

ーテストステロンの効果としてはー
・筋肉の成長を促進
・脂肪の燃焼
・ストレスへ耐性や、うつの抑制
・モチベーションや気分を上げる
など多岐にわたります。

そんないい事尽くしのテストステロンの分泌が減少してしまいます。
テストステロンが分泌されないからと言って死ぬ訳ではありませんが、筋肥大を目的としているにも関わらずテストステロンが分泌されないことで筋肉の肥大に抑制が掛かってしまいます。

筋肥大のみならず、様々なメリットを享受できるテストステロンの分泌量が下がってしまうことはかなりのデメリットですね。

食欲増加から体脂肪の増加

お酒を飲むと自然と食欲が湧いてくるものです。その際に健康的でカロリーの低い物をおつまみとして食べれば問題有りませんが、そんな事は少ないと思います。

飲み会で食べるおつまみと言えば、からあげ・軟骨のからあげ・ポテトフライ・餃子など高カロリーな食べ物だと思います。
お酒自体はエンプティカロリーと呼ばれる栄養の無いカロリーなので肝臓で脂肪として合成されてしまう可能性がありますが最も太る可能性が高いのが、飲む際に食べるおつまみです。

最悪なのは、締めのラーメンなどに行ってしまえば基本的に遅い時間にラーメンを食べることになるので体に脂肪として吸収されやすいし、睡眠と同時に消化を行うので睡眠の質を下げてしまいます。

お酒を飲む際に何も食べるな!という事ではありませんが、以上の様な悪影響があると自覚した上で量には気を付けて食べましょう。

 

脂肪分解の機能の低下

お酒を飲んだ後は肝臓に運ばれ、そこで分解されます。その際に発生する物質の1つに「アセトアルデヒド」があります。

アセトアルデヒドの特徴として、肝臓にあるミトコンドリアを破壊してしまいます。アセトアルデヒドの働きとしては脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きがあります。
ですが、アセトアルデヒドが減少してしまうとその働きが弱くなるので、結果として脂肪がエネルギーとして燃焼されず太ってしまいます。

 

それでもお酒が飲みたい人は?

糖質が少ないお酒を飲む

ビールや日本酒、カクテルや梅酒はカロリーが高いお酒です。
それに比べてウイスキーや焼酎などの蒸留酒は比較的カロリーが少ないので、出来るだけこれらを飲むようにしましょう。

イメージとしては、甘いお酒やカロリーが高く、辛いお酒などはカロリーが低いイメージです。
適量なら問題有りませんが、大量に摂取してしまうと肝臓で脂肪の合成を促進してしまうので内臓脂肪が増えて太ってしまいます。

いわゆる「ビールっ腹」の原因となっているのが、このお酒の飲み過ぎと共に食べるおつまみです。

おつまみを工夫する

お酒以上におつまみを食べることで肥満の原因となることは説明しましたが、具体的にどんな物を食べればいいかと言うと以下の食べ物です。

・刺身
・鶏肉(串焼きや鳥刺しなど)
・エイヒレ(マヨネーズ無し)
・豆腐(大豆製品)
・枝豆
・野菜

ベストはカロリーも低くてタンパク質の摂れる刺身や鶏肉、大豆製品などです。
基本的に調理されていない食べ物です。調味料などは脂質が高いので、出来るだけ調味料無しの料理を食べるように心掛けましょう。

トレーニング直後にはお酒を飲まない

トレーニング後は筋肉の合成が最も高まっている時です。その際にお酒を飲んでしまうとトレーニングの効果が半減してしまうので、出来るだけトレーニングから時間をおいて飲み始めるよう時間の工夫をして下さい。

また、食事制限を中・長期的に継続したときの「チートデイ」にしては如何でしょうか?

チートデイはダイエットの期間中に、食事を制限していると体の基礎代謝が落ちて痩せづらくなるので敢えて多めの食事を摂ったりすることで再び基礎代謝を上げ、結果としてダイエットを成功に導く方法です。
また、自身のモチベーションを上げるためにチートデイを設定してダイエットに励む方法もあります。
この場合の様に自身の下がったモチベーションを再び上げるためにお酒を飲むなどのチートデイを作っては如何でしょうか。

 

-筋トレ, 食事
-,

Copyright© サラリーマンSUZUKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.