筋トレ

筋トレで得た筋肉は使えないのか?小島瑠璃子(こじるり)が筋トレトークで炎上

先日、インスタライブでタレントの小島瑠璃子(こじるり)さんと、板野友美さんが理想のタイプについて話していた時にあるワードで炎上してしまいました

そちらの内容と、実際に話で出た

筋トレの筋肉は使えない!

などの実際の会話から、小島瑠璃子(こじるり)さんの意見は正しいのかどうかについても解説していきます。

実際のSNSでの会話

出典:「https://www.youtube.com/watch?v=jt_CpScv_2A#action=share」

 

上の動画を見てもらうと内容は分かりますが、まとめるとこのような内容になっています。

・筋トレが世界で1番分からない
・筋トレじゃなくて、ラグビーとか格闘技で自然と筋肉を付けて欲しい。
・筋トレで得た筋肉とスポーツで得た筋肉は違う
・筋トレの筋肉は見せ筋で使えない筋肉

などと発言されていました。
これらの発言により、筋トレを頑張っている方たちからSNS上で猛反発を食らい結果的に大炎上してしまいました。

その為、大炎上後に小島瑠璃子(こじるり)さんは自身のtwitterで以下の様に弁明されていました。


これは炎上しますよね(笑)
トレーニングをしてる立場の人間からすると残念ですが、一般女性にはまだまだ誤った認識で筋トレを理解されている方が多いということですね。

筋トレの筋肉は使えない筋肉なのか?

小島瑠璃子(こじるり)さんの発言から、ラグビーや格闘技で得られた筋肉に比べて、筋トレで得た筋肉はただの見せ筋で使えない筋肉という内容を汲み取れます。

結論から言うと、使えない筋肉はありません!
即ち筋トレで得た筋肉は、使えない筋肉ではありません!

筋トレは確かに見栄えをよくするために、確かに筋肥大を目的として筋トレを行っています。
即ち、重い物を持ったり持ち上げる事に特化した筋肉です。

それに対してラグビーで得た筋肉はラグビーをすることに特化した筋肉。
格闘技で得た筋肉は格闘技をすることに特化した筋肉です。

例えると
マラソン選手の筋肉に対して、「重い物持ち上げられないんですか?」
相撲選手に対して「早く走れないんですか?」

と言っているようなものです。
筋肉は部位によってそれそれ発達する場所や用途も違います。

筋トレの様に器具で付けた筋肉は使えないと思われがちですが決してそうではなく、多くのアスリートより良い結果を実現するためにウェイトトレーニングも頻繁に行って肉体強化を図っています。

ボディビルダーなどの筋肉は美しく見せるという競技に特化した筋肉なのです

まとめ

昔に比べてフィットネス業界はどんどん進化しつつありますが、日本ではまだ浸透していないのが現状です。

今回はたまたま日本で知名度も人気も兼ね備えた小島瑠璃子(こじるり)さんが発言したことによって大炎上してしまいましたが、このような現状が日本全体の認識なのではないかと思います。

このような誤った知見を変えて、よりよく生きるために今後も筋トレや食事。
そして本業のサラリーマンとしてビジネスの情報を発信していくので今後ともチェックして頂ければ幸いです。

-筋トレ
-, , ,

Copyright© サラリーマンSUZUKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.