筋トレ

筋肉痛が起きる理由。筋肉痛でも筋トレをしてもいいのか

普段運動しないのにジムで筋トレをした後、久しぶりに長い時間走った人、スノーボードをした人。
共通して必ず起きるのが筋肉痛です。

そんな筋肉痛ですが、それが起きる理由と筋肉痛を早く治す方法。
そして、筋トレ初心者の方の為に筋肉痛が治る前に筋トレをしてもいいのかについて書いていこうと思います。

筋肉痛が起きる理由は?

筋肉痛は2種類の筋肉痛があり、即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛があります。
まずは、その2つの種類について説明していきます。

・即発性筋肉痛
特徴としてはトレーニング直後に発生し、疲労感や体が重くなる感覚などを感じます。

トレーニングを行うことによって、体内に乳酸や水素イオンなどの代謝物が蓄積すると
イオンバランスが崩れ体内が酸性に傾くことが原因と言われています。
即発性筋肉痛は長期化することは少なく、しっかりと休息を行うか
マッサージなどで行うと徐々に痛みは引いていきます。

・遅発性筋肉痛

特徴としてはトレーニングの翌日や、数日後に発生し一般的に「筋肉痛」は
この遅発性筋肉痛を指します。

トレーニングによって筋繊維が破壊されることによって炎症が起きることで
痛みが発生します。
また、運動の中でも特にエキセントリック収縮と呼ばれる、伸張性収縮によって
引き起こされます。

筋肉痛を早く治すにはどうすればいいのか

上記2つの筋肉痛は、筋肉が修復し終われば痛みがなくなります。

その為、どうすれば筋肉が早く修復されるかと言うと
筋肉の材料であるタンパク質と筋肉修復の手助けをするビタミンや適度な炭水化物も併せて摂取するようにしましょう。

また、食事と併せてしっかりと休息をとったり軽いマッサージや温泉に入浴することで
血行がよくなり筋肉の修復を手助けします

そうする事で筋肉が素早く修復され、筋肉痛は短い時間で引いてくると思います。

筋肉痛でも筋トレをしてもいいのか?

今までの説明で気づかれた方もいらっしゃると思いますが
結論から言うと筋肉痛の時はトレーニングはしないほうがいいです!

筋肉痛は筋肉が破壊されて炎症している状態なので、しっかりと休息して
休ませることが1番です。

また、筋肉は破壊され修復される過程で大きくなるので
体を大きくしたい人は食事の栄養バランスもしっかりと考えて摂取することで
より大きな筋肉へと成長します。

まとめ

筋肉痛は悪い物と考えられがちですが、一概にそうと限りません。
しっかりと休息や栄養補給して健康的に体作りを目指しましょう。
また、筋肉痛が来なくとも筋肉は十分成長するので焦らず頑張りすぎないように
しましょう。


最後に、効率よくタンパク質を摂取する方法としてプロテインを飲むことをオススメするので是非、プロテインを飲むことを習慣にしてみて下さい。
以下に過去に書いたプロテイン記事のリンクを貼ってくので、是非参考にしみて下さい。

-筋トレ
-,

Copyright© サラリーマンSUZUKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.